インペラトール、ニームのフェリアの中心

1952年、第一回目のニームのフェリア開催の際、ルイス・ミゲル・ドミンガンとラファエル・オルテガはインペラトールに滞在しました。それ以降、インペラトールのフェリアの名声はニームの丘を超えて響き渡っています。有名な闘牛士偉大な芸術家たちがこのホテルに泊まり、ニームの人々はホテルの庭園に集って、夜な夜な賑わいを見せます。

インペラトールのフェリア:祭典と儀式の間に

ニームのフェリア期間中、インペラトールではスペインの音色が鳴り響きます:タパス、サルサ、ジプシーのギタリスト、踊り子たち、乗馬芸、闘牛の儀式がテンポを与えます。展示会が祝典(ペンテコステのフェリア収穫祭のフェリア)に色を添え、企業は権威あるレセプションを開催します。闘牛士たちが闘技場に入る前に祈りを捧げる“ラ・カピラ”礼拝堂は13時~21時まで見学できます。闘牛競技の後にはフランス・ブルーと南テレビ局はホテルの庭園から生中継で解説を流し、23時になるとインペラトールは闘牛士たちに敬意を表します。伝説の闘牛士たちが大スクリーンに映し出され、「カルメン」の闘牛士の歌がバリトンで高々と歌い上げられます。続いてテナーがルイ・マリアノのオレ・トレロを歌いだすと、夜の始まりです。

インペラトール:フェリアのVIPホテル

あちこちで芸術家や俳優、司会者達に出会います。彼らは人込みに混ざり、生命の喜びとフェリアへの情熱を共有します。有名人もファンたちもニームの住人や観光客と一緒になって祝祭ムードに身をゆだねます。おしゃべりし、最高のワインを味わい、歌って踊って楽しみます。

禁じられた第三のテルシヨ:若者たちのボデガ

闘牛そしてインペラトールの庭園での宴の後には夜も更けて、禁じられた時間がやってきます。一風変わった装飾のプライベートなワインバー、若者たちはそこで出会います。エネルギーは上昇し、タブーすれすれの悪ふざけ。

LOADING...
Cliquez pour voir l'image suivante