ニームのペンテコステ五旬祭のフェリア

ペンテコステの祝日は毎年日付か変動します。:2011年は6月8日(水)~13日(月)です。

今年のペンテコステのフェリアでは8つの闘牛競技騎馬闘牛が1つ、若手闘牛士による競技が1つ行われます。
2011年ニームの闘牛プログラムはこちら。

ペンテコステのフェリアはヨーロッパの闘牛シーズン最大目玉に数えられています。ニームは年間ランキング上位の最高の闘牛士、若手闘牛士、騎馬闘牛士たちを迎え入れます。大多数の著名な闘牛士たちはインペラトールに宿泊します。

エル・ジュリ、メンドーザ、エル・シッド、アレハンドロ・タラバンテ、エンリク・ポンス、ダニエル・ルック、ジョゼ・アントニオ・モランテ、セバスチャン・カステラ、ミゲル・アンジェル・ペレラ、マンザナレス他のスターたちが2011年6月のニームに姿を見せます。

A plein tube Feria Pentecote Feria Pentecote Feria Pentecote Feria Pentecote Feria Pentecote

インペラトールの展覧会:ペンテコステ2011

2011年6月2日~13日、 芸術家達との美しい出会いを開催中、インペラトールはスイス人画家リュシアノ・カステリの作品を展示します。闘牛とヌードを大サロンとクラブ・インペのサロンに展示します。

同時期(2011年6月2日~28日)にシルヴァノ・ポルシアーニのブロンズ彫刻展をレストランのサロンで行います。今回フランス国内初の展示となるフィレンツェ出身の作家は、牛の頭上に闘牛士を組み合わせるというクリエーションを発揮しています。作品内の一点は本展示会のため特別に製作されました。

展示会への入場は13時~19時。それ以外の時間帯の見学についてはご相談ください。

インペラトールでペンテコステのフェリア

朝の闘牛の終了から真夜中の闘牛士の儀式まで、インペラトールのフェリアの雰囲気は庭園まで浸透しています。カセタスではプライベートな応対でお迎えします。VIPパッケージは個人用と企業用をご用意しています。ランテルディは23時以降にオープンします。

インペラトール庭園内では6月9日(木)~13日(月)の間、毎晩22時頃にハスタ・ルエゴ厩舎主催の馬術ショーを開催します。6月3日(水)にはホテル・マルチネズ・コンコルドに面した海岸沿いで、カンヌ障害馬術競技30周年記念のイベントを行います。

ニーム:闘牛からフェリアまで

伝統の要となる闘牛の他にも様々な祭典が予定されています。
・ペグラード:山車と音楽隊が木曜日に市内を練り歩きます。
・市内に牛を放ちます。
・コンサートとダンスパーティー

ニームのペンタコステのフェリアのプログラムはこちら。
ペンタコステのフェリアの姉妹イベント:収穫祭のフェリアは9月にニームで開催されます。

LOADING...
Cliquez pour voir l'image suivante