インペラトール、闘牛士のホテル

過去から現在まで、華やかな衣装をまとい戦った偉大なる闘牛士たちがインペラトールを照らし続けています。フェリアの度に闘牛士のホテルとされ、競技前の祈りの場所、競技後の交流の場となっています。

Toreros Toreros Toreros Toreros Toreros

Toreros Toreros Toreros Toreros Toreros

Toreros Toreros

闘牛術の伝説

有名なスペイン人闘牛士ルイス・ミゲル・ドミンガンは1952年のニームフェリア第一回からインペラトールに滞在し、優勝の栄誉を飾ります。そしてもう一つのインペラトールの神話的邂逅エヴァ・ガードナー映画「キリマンジャロの雪」でハリウッドスターに躍り出たエヴァ・ガードナーとの出会いです。

ルイス・ミゲル・ドミンガンと義弟であるアントニオ・オルドニェスはライバルでした。アーネスト・ヘミングウェイが書いた「危険な夏」によって、二人の闘争は永遠に語り継がれることとなりました。

アントニオ・オルドニェスはその動作の美しさから20世紀の最も偉大な闘牛士の一人に数えられ、彼もまたインペラトールの常連でした。ジェイム・パブロ・ロメロの友人は、1994年フランスのパブロロメロ闘牛100周年を祝う式典の主宰者となりました。

マニュエル・ベニテズ・ベレズ、またの名をエル・コロドブ、はニームの円形闘技場に出場する度にインペラトールに滞在しました。浮浪孤児で文盲だった彼は、1960年代の闘牛士神話をとなりました。エスポンタネオ*はマエストロ**となり、スペクタクルな闘牛術を得意としました。ホテル・インペラトールの廊下でウォーミングアップするのがどんなに好きだったか、彼はユーモアを込めて語っています。

ニームで数々の闘牛を経験し《絹の闘牛士》の異名を持つマンザナレスもインペラトール常連客を象徴する人物です。インペラトールはどんなイメージが彼らの作品に取り込まれたのでしょうか?どの小説にニームの瞬間が刻み込まれているのでしょうか?

現在そして今後活躍する闘牛士たち

エル・ジュリ、セバスチャン・カステラ、ジャヴィエ・コンデ、エンリク・ポンス、ジョアン・バティスタ、ジョアン・ホセ・パディラ他たくさんがインペラトールに滞在しています。

数々の今日のスターと明日の伝説となる闘牛士たち、彼らが闘牛の歴史をこの神話的空間に刻み続けています。

インペラトールは数々のレオネアドール(騎馬闘牛士)たちも迎えいれています。ニーム円形闘技場で189の出場経験を持つスペイン人メンドーザ。サント=マリー=ド=ラ=メールの黒い聖母にちなんだ別名を持つ闘牛の女王マリー・サラも滞在しました。

インペラトールのムンディロ

インペラトールのサロンや庭園ではしばしばムンディロ(闘牛業界者)と遭遇します:ガナデロス(牛飼育業者)、アポデラドス(闘牛士エージェント)、エンプレス(闘牛主催者)、ファンたち…
各闘牛競技の後では地元メディアがインペラトールの庭園から中継放送を行います。

*闘牛場で牛に立ち向かう人
**マタドールは(ノヴィジェーロがマタドールに昇格する儀式)

LOADING...
Cliquez pour voir l'image suivante