ニーム・インペラトールの芸術と闘牛

闘牛は絵画、写真、文学と常に密接なつながりを築いています。崇拝されると同時に異議を唱えられもするこの芸術は、2011年1月以降フランスの無形文化遺産に加えられています。インペラトールは闘牛の普及芸術家の後援に積極的に協力しています。

Tauromachie Tauromachie Tauromachie

言葉の闘牛士

闘牛士がムレータ(赤い布)を自在に操るように、ペンを操る者がいます。アーネスト・ヘミングウェイ1ジャン・コクトー2、インペラトールに滞在した二人の文学の巨人はそうした言葉の闘牛士といえましょう。彼らはローマ時代の円形闘技場で数多くの闘牛を見学し、インペラトールの庭園で長い祝祭の夜を愉しみました。インペラトールのどの記憶が彼らの作品に影響を与えているのでしょうか?どれだけのフレーズにニームでの時間が刻まれているのでしょう?

絵画と闘牛

1890年以来、 ピカソは闘牛を作品のモチーフとしてきました。闘牛と女性を愛した画家は、ある年のフェリアの際インペラトールに滞在しました。翌年、彼は部屋を予約するためホテルに連絡しましたが、受付の女性が満室だと伝えたために、シュバル・ブランホテルに部屋を取りました。しかしインペラトールの庭園の灯りの元でグラスを傾けるため、定期的に当ホテルを訪れました。

最近ではヴィアラ、シャンバス、ビウレスら130もの芸術家たちが闘牛をテーマに製作を行なっています。2010年末、彼らの作品はインペラトールの客室に飾られました。インペラトールホテルでの展示後、トレアドールの展覧会は2011年4月にアルルで発表され、その後パリ、秋にはマドリッドで展示される予定です。

映画と闘牛

映画界の人々は常にインペラトールを愛用してきました。1950年代には美しきエヴァ・ガードナーがこの場所を魅了し、フィリップ・ノワレは長年に渡ってこのホテルの常連客です。現在でもジェラール・ジュノ、ティエリー・レルミットら、多くのスターたちがインペラトールを訪れています。

一年を通じて芸術家との美しい出会い文化との美しい出会いといったイベントがインペラトールの季節にリズムを与えています。

ペンテコステのフェリア2011の展示会予定はこちら。
収穫祭のフェリア2011の展示会予定はこちら。

1アーネスト・ヘミングウェイ:午後の死、危険な夏
2ジャン・コクトー:5月1日の闘牛

LOADING...
Cliquez pour voir l'image suivante