グルメワインを愛するクリストフ・シャルヴィダルがホテル・インペラトールの新マネージャーに就任しました。「ラグジュアリーとは、ある種の精神状態である」と述べるシャルヴィダルは、ディテールとホスピタリティに、妥協することなく細心の注意を払います

Salon Salon

高級ホテルに対する使命感

クリストフ・シャルヴィダルはガール出身の両親の元に生まれ、彼の7歳になる娘もガールにて生まれました。ペニャでサキソフォン奏者をしていた祖父と、アリーナにいた父を見て育った彼は、ホテル・インペラトールを訪れた際、この光の宮殿に住むマエストロの存在に魅了されました。階段を登りながら、当ホテルのデザートメニューを見て、感動したのは、わずか6歳の時でした。その後、彼はパティシエの道へ進んだのです。

高級ホテルを辿る旅

クリストフ・シャルヴィダルは、トノン・レ・バンのホテル学校へ通い、ホテル・インペラトールとホテル・マルティネスへ応募しますが、不合格となりました。それがきっかけとなり、ロンドンへ渡った彼は、偉大なシェフ、ルー兄弟と出会い、英国のフランス料理を学んだのです。その後、有名シェフ、ゴードン・ラムゼイのレストラン・マネージャーとなります。

宮殿のようなホテル・インペラトール

10年間にわたり、「ミシュラン3つ星」で最高の質を目指し続けてきたクリストフ・シャルヴィダルは、フランスへ戻り、過去に不合格通知を受け取った2軒のホテルへ再挑戦します。 まずはカンヌのホテル・マルティネス。ここでは、寛大なクリスチャン・ウィラー元で、レストラン・マネージャーを務めました(ミシュラン2つ星)。その後、2011年3月にはホテル・インペラトールへ加わり、グルメを中心とした様々なプロジェクトを開始しました。彼にとって、ホテル・インペラトールは「ホテルではなく宮殿」なのです。

「レストラン・インペラトール(ガール)の調理スタッフご紹介」
料理長
レストラン・マネージャー
ホテル・インペラトール・マネージャー

LOADING...
Cliquez pour voir l'image suivante