アールデコ調の神秘的なホテル。

ホテル・インペラトールは、時間を越えた特別な場所。新たな旅と音楽、ダンスが生まれ、芸術が花開いた「レ・ザネ・フォル(狂った時代)」に建てられたホテルです。オリエント・エクスプレスやトラン・ブルーなどを創設した国際寝台車会社によって1929年建設されました。

当ホテルの建築は、アールデコを特徴としています。ファサードやシンメトリック、幾何学的なデザインが特徴です。外部のファサードには、内部の階段を示すジグザグ模様。グラン・サロンにあしらった黒白のコントラストと四角模様のセメントタイルはヴァイマルのバウハウスを連想させます。

内部は快適さを感じる装飾です。広々とした空間に、光を満たすため、大きなガラス張りとなっています。アールデコ初期に代表的だったカーブも、至る所にアーチとして表現されています。アールヌーボーに特徴的なくり形や花のモチーフも、ところどころに散りばめられています。

art-deco art-deco art-deco art-deco

ホテル・インペラトールと木製エレベーター

ホテル・インペラトールのエレベーターは1935年に完成して以来、一度も止まったことがありません。鍛造鉄でできたグリッドは、金箔を塗り、らせん状にカーブさせています。強固な木製のキャビンと両開きのドアが特徴的です。

イマジネーションを広げるクリエイティビティーたっぷりのホテル。「ベルボーイがエレベーターの両扉を開くと扉が開き、アヴァ・ガルネが現れた。通れない。群集、ダンス、彼の息づかいが止まる。ローライフレックスを装備したレポーター達がハリウッドスターの登場を一斉に攻撃する…」

LOADING...
Cliquez pour voir l'image suivante